カサ・デ・アンジェラ青山

Wedding Report
ウェディングレポート

ロイヤルハーモニー
二人が奏でるロイヤルウエディング

ロイヤルハーモニー

人数
80名
パーティー会場
エノク

Date:2019年02月09日(土)

●Casa d’ Angela Aoyamaにお決め頂いた理由
元々ステンドグラスが好きなふたりで、チャペルに入った瞬間の光景が忘れられませんでした。華やかさあり、しかしただ華やか煌びやかではなく、シックで厳かな雰囲気もある、そんな素敵な式場です。チャペルでは後ろ姿が1番見られる姿だと思うのですが、段も高くて、ロングトレーンのドレスを着たら素敵だなと思ったのもポイント。  お呼びしたかったゲストの中には、横移動が大変な方も。でも、せっかく来ていただくからには、お世話になってきた方々になるべくストレスフリーでくつろいでいただきたいと思いました。都心で最寄り駅から近く、移動もエレベーターを使った上下移動であれば、あまり苦労をかけずに楽しんでいただけると思ったことも大きいです。
●お二人のこだわり・結婚式のテーマ
ロイヤルウェディングをイメージして、上品で豪華に。とにかく華やかで、個性が光り、来ていただいたゲストの心にずっと残るような式にしたいと思っていました。  また、ふたりを繋げてくれたエレクトーンを通じて、皆様に感謝の気持ちを届けるということも、譲れないポイントでした。
●挙式エピソード(印象に残っているシーン等)
挙げたらキリがないですが、扉が開いた瞬間。それまでは気分がややフワフワしていましたが、「ああ、結婚式を挙げるんだな」と強く感じました。いろんな場所でお世話になっているみんなが1つの場所に集まることって滅多にないので、扉が開きみんなの顔が見えたとき、言葉にならないくらい感激しました!  その他にも、ゲストが目を奪われるようなステキな仕掛けがたくさん!(詳しくは模擬挙式に行ってみてください!もしくは、皆さんのお打ち合わせの時に。笑)
●披露宴エピソード(印象に残っているシーン等)
①私達の挙式日は生憎の大雪予報に。しかし、スタッフの皆様が臨機応変に対応してくださり、強く印象に残る、良い「晴れ」の日となりました。足下は悪かったですが、それでも駆けつけてくださったゲストの方々。チャペルの扉が開き、大勢のゲストを目にして、より一層感謝の気持ちで溢れました。 ②チャペル入場前の控え室。新婦とお義父様のツーショット。お義父さん、照れくさそうにしつつも、今までで1番嬉しそうな表情をしてくれて、新郎の私がうっかり泣きそうに。幸せの連鎖でした。 ③みんなが笑っていたのが嬉しかった。挙式とちがって、みんなの顔がメインテーブルからよく見えるし、写真を撮ったり撮ってもらったり、エレクトーン演奏聞いてもらったり、楽しい時間を過ごせて良かったです!お色直しの再入場もわくわくでした!
●スタッフへのメッセージ
私たちのプランナーさんは、妥協することなく、いつも私たちの要望を叶えるために最後まで尽力してくださいました。とても気さくで話しやすく、また式のあらゆることに精通しており、安心して打ち合わせを進めることが出来ました。1年間はあっという間でしたが、本当に良い思い出です。  当日も大勢のスタッフさんによる、隅々まで行き届いたサポートのおかげで、主役としての1日を心から楽しめました!本当にありがとうございました。
●未来の新郎新婦へ一言
 とてもここでは伝えたいことを伝えきれませんが、結婚式は本当に宝物のような1日で、挙式後もどんなに時間が経っても鮮明に覚えているものです!たくさん悩んで考えた先に、誰もが幸せになれるお式が待っていると思います! カサ・デ・アンジェラ青山は、皆さんの願いをきっと叶えられる場所です。準備からたのしんで素敵な思い出をつくってください!皆さんの幸せを心からお祈りします。
結婚式コンセプト 上品で豪華なロイヤルウエディング
キーワード ロイヤルの中にも個性が光り、ゲストの心に残る結婚式
ビジュアルモチーフ ロイヤル・エレクトーン
シンボリックデコレーション エレクトーン、ロングトレーンドレス
オリジナルコンテンツ 【エレクトーンの演奏】
お二人を繋ぐエレクトーンの演奏でゲストには特別な時間を…。
プロデュース M.K

ウェディングレポート一覧